究極ヘラ

オススメ新着記事

ヘラとは
ヘーラーは、ギリシア神話に登場する最高位の女神である。長母音を省略してヘラとも表記される。その名は古典ギリシア語で「貴婦人、女主人」を意味し、結婚と母性、貞節を司る。
ローマ神話においてはユーノー(ジュノー)と同一視された。

夫はゼウス。クロノスとレアーの娘。

最高位の女神ということでパズドラでは初めての降臨に選ばれたのでしょうか?


概要
ヘーラーはオリュンポス十二神の一柱であるとともに、「神々の女王」でもあった。天界の女王として絶大な権力を握り、権威を象徴する王冠と王笏を持っている。虹の女神イーリスと季節の女神ホーラたちは、ヘーラーの腹心の使者や侍女の役目を務めた。また、怪物という忠実な部下(アルゴス、スフィンクス、ヒュドラー、ピュートーン、ラードーンなど)を配下に従えている。
婚姻を掌る女神であるが、一夫一婦制が重視されていた。
嫉妬深い性格であり、ゼウスの浮気相手やその間の子供に苛烈な罰を科しては様々な悲劇を引き起こした。夫婦仲も良いとは言えず、ゼウスとよく口論になっている。毎年春になるとナウプリアのカナートスの聖なる泉で沐浴し、今までの労苦や負の念を全て洗い流して処女性を取り戻し、アプロディーテーにも劣らず天界で最も美しくなる。この時期にはゼウスも他の女に目もくれずにヘーラーと愛し合うという。

ゼウスェ… 


神話など
ゼウスと結婚するにあたって、以下のエピソードが有名である。掟の女神テミス(※)と結婚していたゼウスは、ヘーラーの美しさに恋に落ち、カッコウに化けてヘーラーに近付き犯そうとした。しかし、ヘーラーは抵抗を続け、決してゼウスに身体を許さなかった。ヘーラーは交わることの条件として結婚を提示した。ヘーラーに魅了されていたゼウスは仕方なくテミスと離婚すると、ヘーラーと結婚した。

※掟の女神テミスはアルテミスとは別の女神です。

ギリシャ神話を調べてみると、多くの神話にゼウスが絡んでおり、ゼウス最低だなってのが多いですねw
ヘラは嫉妬心が深いのでパズドラでは闇属性なのでしょうか? 


参考サイト(引用元)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC




スポンサードリンク